​ これまでは都市基盤や建築物などの「ハード」と、コミュニティ形成や産業誘致などの「ソフト」という2つの視点でまちづくりが語られていました。これからのまちづくりにおいては、これらを別物と捉えるのではなく、二つが交わる中間的な領域に地域の価値を高める可能性があると考えています。武蔵野市開発公社ではこの領域を「セミハード」と呼び、実践を通じて探求していきます。

 ここでは、まだ一般的ではないセミハードという新しい概念に関する知見や事例を、コラムとして掲載していきます。

サムネイル.jpg
COMING SOON.jpg