​まちから とは

空間そのものに可変性と多目的性を付与するまちづくりツールです。

まちからに込めた3つの意味 

①“まち”なかの“から”くりを表した造語

②“まち”なかのプロダクト“から”都市空間を変えていく意思

③豊かで多様な“まち”の“カラー(色)”を生み出す価値

まちから_fix.jpg

ロゴ 

 まちなかにある一つ一つの要素が歯車となってからくりのように街を変化させ、人の営みに合わせてまちなかの空間が使われることで、豊かで多様な街の表情(まちカラー)が生みだされるイメージをデザインにしました。このロゴは「吉祥寺ファンページ編集長・山岸学氏」がデザインしました。

​まちからパートナー

 武蔵野市開発公社と共に、まちづくりの現場にまちからを導入しすることで空間のものに可変性と多目的性を付与してワンプレイス・マルチユースを推進するパートナーであり、互いにノウハウを共有していく仲間です。

 まちからパートナーがまちからプロダクトを設置した際には、まちからロゴプレートの設置をお願いしています。​

COMING SOON.jpg